第4 官公庁各種手続関連業務
1 自動車関係業務
自動車の登録手続には、主に次のようなものがあります。

◎ 新車・中古車でナンバーの着いていない車を登録する場合(新規登録)
  登録を受けていない自動車を新たに登録する場合の手続。
  新車の新規登録と、抹消登録した車を再び使用する場合の中古車新規登録が
  あります。

◎ 氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合(変更登録)
  変更後の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局で手続きする必要があります。

◎ 自動車を売買等により譲渡、譲渡する場合(移転登録)
  所有者を変更する際に必要な手続です。

◎ 自動車の使用をやめた場合、または解体等をした場合(抹消登録)
  自動車の使用を一時中止する場合、または自動車を解体等で再度使用しない
  場合に必要な手続です。

◎ ナンバープレートを紛失した場合(番号変更)
  ナンバーを無くした、毀損したときに必要な手続です。
自動車登録手続
Copyright(c) 2004-2017 KODAIRA SOLICITOR OFFICE , All rights Reserved.
自動車を所有する人や使用、管理する人は、住所など自動車の使用の本拠から2km
以内の道路以外の場所に自動車の保管場所を確保しなければなりません。

そのために、車庫証明が必要となってきます。

自動車の新規の登録を受けようとする場合や、使用の本拠の位置を変更する登録を受けようとする場合には、保管場所の位置を管轄する警察署長から「保管場所証明書」の交付を受けて、これを陸運支局などに提出しなければなりません。

また、保管場所の位置を変更した場合は、変更後の保管場所の位置を管轄する警察署長に、保管場所の位置などを届け出なけれななりません。
車庫証明関係
栃木県宇都宮市の行政書士・申請取次行政書士  小平行政法務事務所 行政手続に関するあなたの身近なパートナーです! 
小 平 行 政 法 務 事 務 所
車庫証明・自動車登録に関するご相談・ご依頼は、こちらのページ