第5 各種許認可関連業務
1 建設業・宅建業関係業務
建設業とは、元請、下請その他いかなる名義を持ってするかを問わず、建設工事の完成を請け負うことをいいます。建設業を営もうとする人は、一定の条件を除いてすべて許可の対象となり、28種類の建設業の種類ごとに、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければなりません。

◎建設業許可申請(個人・新規)知事一般
◎建設業許可申請(法人・新規)知事一般
◎建設業許可申請(法人・新規)大臣一般
◎建設業許可申請(個人・更新)知事一般
◎建設業許可申請(法人・更新)知事一般
◎建設業許可申請(法人・更新)大臣一般
◎建設業許可申請(許可換え新規)
◎建設業変更届出(決算報告)知事一般
◎建設業変更届出(決算報告)大臣一般
◎経営状況分析申請
◎経営事項審査申請
◎建設工事等入札資格申請(電子申請を含む)
Copyright(c) 2004-2017 KODAIRA SOLICITOR OFFICE , All rights Reserved.
風俗営業を営もうとする人は、風俗営業等の規制及び業務の適性化等に関する法律(風適法)の規定により許可を受ける必要があります。

◎1号営業許可申請(キャバレー等)
◎2号営業許可申請(料理店・カフェ等)
◎3号営業許可申請(ナイトクラブ等)
◎4号営業許可申請(ダンスホール等)
◎5号営業許可申請(低照度飲食店)
◎6号営業許可申請(区画席飲食店)
◎7号営業許可申請(パチンコ店等)
◎8号営業許可申請(ゲームセンター等)

◎性風俗特殊営業 営業開始届出
◎深夜における酒類提供飲食店営業 営業開始届出
2 風俗営業関係業務
栃木県宇都宮市の行政書士・申請取次行政書士  小平行政法務事務所 行政手続に関するあなたの身近なパートナーです! 
小 平 行 政 法 務 事 務 所
建設業許可・宅建業許可・風俗営業に関するご相談・ご依頼は、こちらのページ