自 動 車 登 録 ・ 車 庫 証 明 手 続 サ ポ ー タ ー
 
栃木県宇都宮市の行政書士 小 平 行 政 法 務 事 務 所
車 庫 証 明
第1 車庫証明とは
自動車を登録する際には、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」で「車庫証明」を取ることが義務づけられています。車庫証明手続は、自動車の保管場所のある地域を管轄する警察署で行います。
 
通常「車庫証明」と呼ばれるものは、登録自動車(普通車・小型車など)の場合「自動車保管場所証明書」のことであり、軽自動車の場合「自動車保管場所届出書」のことを指しています。
 
車庫証明の対象となる地域は、栃木県の場合を例に見ると、普通自動車の場合、市並びに町の区域が該当します。
軽自動車の場合は、宇都宮市、足利市、小山市の3市が該当します。
第2 車庫証明の要件
車庫証明を取るためには、次の要件を満たしていなければなりません。
 
 @ 自動車の保有者の自宅から保管場所(駐車場)までの距離が直線距離で2キロメートルを超えないこと。
 
 A 駐車場から道路へは支障なく出入りができ、自動車全体が車庫に収容でき、前後左右に50センチメートルほど余 
    裕があること。
 
 B 保管場所の土地、建物の所有権、貸借権など使用権限を有するものであること。
第3 車庫証明に必要な書類 
(1) 自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書
      4枚1組になっている場合が多いのですが、中には、2枚1組ずつの場合もあります。
 
(2) 保管場所の所在地・配置図
 
(3) 保管場所が使用できること(使用権原)を明らかにする書面
     下記のうちいずれか1通が必要となります。
     ○申請者の土地または建物を保管場所とする場合 → 自認書
 
     ○他人の土地または建物を保管場所として使用する場合
           →・駐車場の賃貸借契約書の写し
             ・賃貸借契約書の写しがない場合は、駐車場使用料金の領収書等
             ・保管場所使用承諾証明書
             ・都市基盤整備公団等の公法人が発行する確認証明書
 
(4) 手数料
    栃木県の場合、保管場所証明書代として2,100円、標章交付申請書代として520円が必要であり、栃木県
    収入証紙によって納めます。
 
   ※ 手数料の額は、地方によって異なりますので、管轄する警察署に事前に確認すると良いでしょう。
 
 
※ 警察の窓口で確認のために、住民票や印鑑証明書が必要な場合もあります。
 
※ 軽自動車の場合は、自動車保管場所証明申請書の代わりに「自動車保管場所届出書」を提出する必要があり、
   その他の書類は上記と全く同じです。
Copyright(c) 2004-2017 KODAIRA GHOSEIHOUMU OFFICE , All rights Reserved.