内 容 証 明 ・ ク ー リ ン グ オ フ 手 続 サ ポ ー タ ー
 
栃木県宇都宮市の行政書士 小 平 行 政 法 務 事 務 所
内 容 証 明
第1 内容証明とは
内容証明とは、権利の主張を書面化した物を郵便物として送付することにより、その郵便物の内容である文書をいつ、どのような内容の物を、誰が誰に差し出したのかを、差出人が作成した謄本によって公的に郵便局が証明してくれる制度です。
 
内容証明を利用した方がよい場合
   ●意思表示が重要な法律効果を生じる場合        ●通知等に時期が重要な意味を持つ場合
   ●通知等に書面が要求される場合              ●確定日付が特別の意味を持つ場合
   ●時効中断としての権利行使をする場合
第2 内容証明の作成方法
内容証明文書は、一定の要式にしたがって作成しなければなりません。
 
まずは、字数について。
縦書きの場合は1行20字以内26行いないで作成すること。
横書きの場合は1行13字以内40行いないまたは1行26字以内20行いないで作成すること。
 
次に、文字について。
仮名、漢字、数字を用い、英字(固有名詞に限る)やカッコ、句点その他一般に記号として使用されるものは使うことができます。
但し、これら記号も1字と数えられます。字数を1字でも超えることはできません。
 
そして、作成部数について。
同じものを3通作成します。1通は謄本で郵便局に保存します。2通目は相手方に送付します。3通目は送り手の保存用です。
第3 内容証明の出し方
内容証明は、集配局及び地方郵便局長が指定した無集配局に限って取り扱うことができます。
 
郵便局の窓口で内容証明郵便にする旨を申し出て3通全部を差出人と相手方たる受取人の住所氏名を記載した封筒と共
に提出してください。
 
相手が確実に受け取ったかどうかを証明するために、配達証明を利用した方がよいです。
Copyright(c) 2004-2013 KODAIRA SOLICITOR OFFICE , All rights Reserved..